疲労回復

プラセンタの成分でアンチエイジング効果もあり

女性にうれしいプラセンタ、とよく言われますがその理由の一つはプラセンタのアンチエイジング効果です。
どんなにスキンケアをしていても、運動をしたり食事に気を遣っていても、老化は止められないものです。
それでも、アンチエイジングケアをしている人としていない人の肌にはかなりの違いが出ます。

スキンケアはもちろん、さらにプラセンタのような成分を補充することで、アンチエイジングをしていきたいですね。
老化の大きな原因は細胞の衰えや細胞が生まれ変わらなくなること、また生まれ変わることに時間がかかるようになることです。
スキンケアによるアンチエイジングだけでは、なかなか細胞の変化を止めることはできません。

そこで登場するのがプラセンタです。
http://www.sportsradio1420.com/aging.htmlにも書いてあるように、プラセンタにはアンチシジングを助ける成分がいろいろ入っていますが、特に注目されているのが細胞に働きかける成分。
それが成長因子と呼ばれる成分です。

プラセンタは胎盤のことですね。
胎盤は母親の体の中で胎児が十分に成長できる手助けをするものです。
そのため胎盤には成長を促す成分がぎっしり詰まっています。

その中でも成長因子は細胞を新しく生まれ変わらせ、また、新しい細胞をどんどん増やす働きがあるのです。
その働きによって、アンチエイジングが可能になるのです。
また、プラセンタとコラーゲンhttp://www.hieroglyph.info/koragenn.htmlで相乗効果も発揮できるそうです。
▼こちらのサイトはプラセンタについてより詳しく知りたい方必見です。

このページの先頭へ